総合

無限ココスのやり方と注意点を解説!ついに全店解禁キターっ!!

2020年11月10日

ココス-チーズインハンバーグアップ

 

最近、Go To Eatキャンペーンを利用した「無限◯◯」が、外食業界を騒がしていますね。

「無限くら寿司」があまりにも有名ですが、すでに1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

Go To Eatキャンペーンを利用して、ほぼタダ同然で半永久的に食べることができてしまう、という今までの常識では考えられないほどの神システムで、コスパ最強どころの話ではありません。

 

そして、このほど、様々なメニューが豊富なファミリーレストランである「ココス」においても、Go To Eatキャンペーンがほぼ全店解禁となり、これによってついに「無限ココス」までもが可能となりました。

※2020年11月6日の時点で、山梨県・富山県・石川県・福井県・岐阜県・滋賀県・奈良県・京都府のココスは未対応です。

今後も順次実施していくということなので、いずれ完全に全店解禁になると思われます。

 

この記事では、そんな「無限ココス」について詳しく知りたい方向けに、無限ココスのやり方と注意点を詳しく解説しています。

実際に私が試した際に撮影した写真付きで、わかりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

※2020年11月16日14時59分をもって、EPARKにおけるポイント付与となる対象の予約が終了してしまいました。

しかしながら、この日時までに予約した2021年1月31日までの来店予約分については、この記事に記載したやり方でまだポイントが付与されますので、確実にポイントが得られるように、参考にしていただければと思います。

また、ポイントの使用期限に尽きましては、2021年3月31日までになっていますので、ポイントを持っている方は、忘れずに使い切りましょう。

 

なお、「無限くら寿司」、「無限かっぱ寿司」について、詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

くら寿司-はまち握りアップ
やらなきゃ損!無限くら寿司は簡単にできる!そのやり方と注意点を解説!

  最近、世間で話題になっている「無限くら寿司」というワード。 この記事を読まれている方は、すでにご存知かもしれませんが、簡単に言いますと、Go To Eatキャンペーンを利用して、半永久的 ...

続きを見る

かっぱ寿司-いか天握り
無限かっぱ寿司のやり方と注意点を解説!無限くら寿司との違いとは?

  「無限くら寿司」が、今、世間で大きな話題となっている「Go To Eatキャンペーン」。 またご存知ではない方のために簡単に説明しますと、くら寿司において、このGo To Eatキャンペ ...

続きを見る

 

無限ココスのやり方。簡単な流れ。

ココス-フレッシュバジル&モッツァレラトマト

 

まず、どうして「無限ココス」が可能となるのか、その仕組みを簡単に説明しておくと、以下の通りです。

  • 「EPARK」というサイトからココスに予約して来店し、規定の料金分飲食するとポイントがもらえる。
  • そして、次に来店するときも同じようにEPARKから予約して来店し、会計時にポイントを使って支払えば、ほとんどタダ同然になり、再びポイントももらえる。
  • これを繰り返すことで、タダ同然で半永久的に食べることができる。

以上が「無限ココス」と言われているゆえんです。

 

では実際どのような流れで無限ココスをやっていくのか、簡単な流れを以下に解説していきます。

 

予約~1回目の来店~ポイントが付与されるまで。

まずは、来店予約から、実際の来店、そしてポイントが付与されるまでの流れになります。

合計4つのステップに分けて、まとめました。

 

step
EPARKから来店日時を予約。

EPARK(サイトでもアプリでもどちらでもOK)から来店する日時を予約します。

EPARKに登録していない方は、まず会員登録してから予約をします。

予約は画面の指示通りに行えば簡単にできますが、土日等は混雑していて、当日の予約はすぐにいっぱいになってしまいます。

この場合は当日以外で来店可能な日を指定するしかありません。

 

step
予約した日時に来店して、規定の料金分食べる。

予約した日時に実際に来店して、ランチタイム(15時までに来店)は500円以上、ディナータイム(15時以降に来店)は1,000円以上食べる。

なお、金額はどちらも税込みの金額です。

会計の際に、必ずレシートをもらって、捨てずに持ち帰ります。

 

step
会計した際のレシートをアップロード。

EPARKのGo To Eatキャンペーン特設ページを開いて、会計した際のレシートをアップロードします。

 

step
約1時間くらいでポイントが付与される。

時と場合により様々ですが、早ければ30分後くらい、遅くても数時間もあれば、ポイントが付与されます。

 

2回目以降の来店(step5~8を繰り返し)。

続いて、2回目以降の来店時の簡単な流れになります。

こちらも4つのステップに分けてまとめています。

 

step
EPARKから来店日時を予約。

ポイントが付与されているのを確認したら、1回目と同様に、EPARKから来店日時を予約します。

 

step
予約した日時に来店して、規定の料金分を食べる。会計時にポイントを使用して払う。

予約した日時に実際に来店して、1回目のときと同様に、ランチタイム(15時までに来店)は500円以上、ディナータイム(15時以降に来店)は1,000円以上食べる。

会計前にEPARKのGo To Eatキャンペーン特設ページから、ポイントを使用するためのQRコードを発行して、会計時にこのQRコードを提示することでポイント分値引きしてもらいます。

残った端数分のみ自腹で払います。

ここでも必ずレシートをもらって、捨てずに持ち帰ります。

 

step
会計した際のレシートをアプロード。

ここも1回目のときと同様に、レシートをアップロードします。

 

step
約1時間くらいでポイントが進呈される。

1回目と違って会計時にポイントを使用しているものの、規定の料金分食べていることに変わりはありません。

そして、EPARKから予約して来店している、という条件も満たしていることから、ポイントが付与されるわけです。

あとは、step5~8を繰り返せば、3回目、4回目・・・、と半永久的にポイント分値引きした金額で毎回食べることができるわけです。

 

やり方は「無限くら寿司」とほぼ同じ。

以上のように、EPARKを経由して予約をすることになるので、お気づきの方もいらっしゃることかと思いますが、同じようにEPARKを経由して予約を行う「無限くら寿司」とやり方はほぼ同じです。

もし、無限くら寿司をやったことがある方でしたら、やり方の要点はほぼ全くと言っていいほど同じですので、容易にできるのではないかと思われます。

初めて実施する方でも、非常に簡単ですので、はっきり言って「やらなきゃ損レベル」です。

下記で、やり方を写真入りで詳しく紹介していますので、ぜひ参考にして、トライしてみていただければと思います。

 

「無限くら寿司」で、取得したポイントも使用できる。

予約サイトがくら寿司と同じようにEPARKであることから、例えば、無限くら寿司等で取得したEPARKのポイントでも、使用することができます。

この場合、上記のstepで言うと、step1~4の1回目の来店のところはカットして、step5~8の2回目以降の来店のところからを参考にしていただければOKです。

逆に言えば、ココスで取得したポイントも、くら寿司のようにEPARKを経由して予約を申し込む飲食店であれば、もちろんどこでも使うことが可能となります。

 

無限ココスをやる上での注意点。

ココス-チーズインハンバーグとライス

 

上記で述べてきたように、無限ココスは、やり方が非常に簡単であるということが何となくわかっていただけたことかと思いますが、その一方で、少しでもやり方を間違えてしまうと、失敗となってしまうので注意が必要です。

ここでは、無限ココスをやる上での注意点をまとめましたので、以下に解説していきます。

 

ポイント付与となる条件的な注意点。

まず、ポイント付与となる条件的な注意点についてまとめました。

この条件通りに実施していかないと、ポイントが付与されなくなってしまいます。

ポイントがもらえないと、無限ココスどころではなくなってしまうので、注意が必要です。

 

ポイント付与となる条件的な注意点は、以下の通りです。

注意点

・必ずEPARKから申し込む。

・既定の料金に1円でも満たないときは対象外。

・来店した際は、EPARKを使って予約してきたということを、最初に必ず伝える。

・会計の際のレシートは必ず捨てずに持ち帰る。

・予約時の人数と来店時の人数は必ず一致させる。

・1日に最大で2回まで。

 

必ずEPARKから申し込む。

まず、注意しなければいけない、重要ポイントです。

EPARKを経由することがポイント付与の条件の1つになっているので、必ずEPARKから予約を申し込まなければなりません。

違う方法で予約をしてしまうと、ポイント付与の対象とならないので、注意が必要です。

 

既定の料金に1円でも満たないときは対象外。

これも注意しなければいけない重要ポイントになります。

ランチタイムは1人500円以上、ディナータイムは1人1,000円以上、とどちらも規定の料金分食べないと、ポイント付与の対象になりません。

ただ、税込み金額になるので、税抜きで超えていなくても、消費税を含めて超えていればOKです。

 

例えば以下の通りです。

ランチタイムに2名で利用した場合(500円×2名分=税込み1,000円分以上が条件)

2名分合計税抜き金額 2名分合計税込み金額 ポイント付与判定
880円 968円 500ポイント(500円分)
980円 1,078円 1,000ポイント(1,000円分)
1,000円 1,100円 1,000ポイント(1,000円分)

 

ディナータイムに2名で利用した場合(1,000円×2名分=税込み2,000円分以上が条件)

2名分合計税抜き金額 2名分合計税込み金額 ポイント付与判定
1,780円 1,958円 1,000ポイント(1,000円分)
1,880円 2,068円 2,000ポイント(2,000円分)
2,000円 2,200円 2,000ポイント(2,000円分)

 

以上のように、税込みで規定の金額を超えていないと、満額ポイントをもらうことができませんので注意が必要です。

会計前に必ず計算して、確実に既定の金額分を超えていることを確認しましょう。

 

来店した際は、EPARKを使って予約してきたということを、最初に必ず伝える。

これも注意しなければいけない重要ポイントになります。

EPARKから予約をすることで、お店側にあるGo To Eat専用のタブレットに、予約情報が反映されています。

お店側へ予約した通りに実際に来店したかどうかを伝える手段は、来店時に直接伝えて受付をするしかありません。

 

来店時には、まず以下のことを必ず伝えましょう。

受付時に伝えること

・EPARKから申し込みをしてきたこと

・予約した時間

・名前(EPARKに登録した名前 = お店で呼ばれる際の名前)

これらをお店側に正確に伝え、専用のタブレットにチェックをしてもらうことで、初めて受付が正常に完了したということになります。

この受付が完了しないと、条件クリアとならないので、ポイントがもらえなくなってしまいます。

 

会計の際のレシートは必ず捨てずに持ち帰る。

レシート実際に来店して食べたことの証明になる唯一の手段になりますので、必ず捨てずに持ち帰りましょう。

また、レシートの画像を撮影して、アップロード完了後も、ポイントが完全に付与されているのを確認するまでは、捨てずに保管しましょう。

 

予約時の人数と来店時の人数は必ず一致させる。

予約した際の人数で必ず来店し、レシートをもらった際にも、人数が正しいかどうか必ず確認しましょう。

 

1日に最大で2回まで。

無限といっても、1日に何回も利用できるわけではなく、最大で2回までという規定があります。

これは、Go To Eatキャンペーンに参画しているEPARKを使って予約するお店(くら寿司等)を全て含みます。

例えば、お昼、夕方、とEPARKを使ってくら寿司に2回来店した場合には、その日のうちにはもう利用不可ということになります。

裏技として、2名以上で別々に予約すれば、1日に最大で4回行くことも可能と言えば可能です。

 

その他の注意点。

続いて、その他の注意点が以下の通りになります。

こちらは、ポイント付与の条件的な注意点とは違い、ポイント付与に直接関わってきませんが、覚えておきたい注意点になります。

注意点

・土日の予約は一苦労。サーバーが混み合ってなかなか繋がらない。

・2021年1月31日までとなっているが、実際いつまで続くかは何とも言えない。

 

土日の予約は一苦労。サーバーが混み合ってなかなか繋がらない。

管理人である私が、実際に初めてやったときは日曜日だったのですが、なかなか繋がらなくて苦労しました。

予約もすぐにいっぱいになってしまい、当日分の予約は厳しくなります。

特に、同じようにEPARKを使って予約をするくら寿司の「無限くら寿司」がかなり広まっていっているため、今後はさらにサーバーが混雑して、繋がりにくくなっていくかもしれませんね。

 

2021年1月31日までとなっているが、実際いつまで続くかは何とも言えない。

ほとんどタダ同然で、しかも、半永久的に食べられてしまうので、今後そのうわさが広まって、利用者もさらに増えていくことが予想されます。

Go To Eatキャンペーンのために国が用意している予算が、2021年1月31日より早く尽きてしまったらそれまでですが、何らかの規制が入ってしまう可能性もゼロではありません。

「もっと行っておけばよかった」では遅く、今のうちに「行ったもん勝ち」なので、できるだけ行くべきです。

 

無限ココスを実際にやってみた。

ココス-カリカリポテト

 

さて、ここからは、サイト管理人である私が、実際に無限ココスをやってみた体験を、写真入りで紹介していきたいと思います。

「これを見れば誰でも簡単に無限ココスができる」、と言えるくらいに詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

EPARK会員登録。

まずはEPARKに登録する必要があります。

くら寿司ですでに利用した等で、すでに登録されている方は、やらなくてOKです。

この場合は「来店予約。」のところまでとばしてください。

ちなみに、私の場合、実際に無限ココスを初めて試してみたこのときには、すでに「無限くら寿司」を経験済みで、EPARKにも登録済でした。

しかしながら、この記事を読まれている方の中には初めての方もいらっしゃることかと思いますので、やり方を以下に紹介しておきます。

 

会員登録のやり方ですが、まず、EPARKのホーム画面から、ログイン → 新規会員登録と進んで、会員登録します。

くら寿司-EPARKホーム画面

1回空メールを送信すると、会員登録用のフォームが送られてきます。

迷惑メールの設定をしている方は、確実に受け取れる設定にしましょう。

ちなみにですが、私がやったときは、日曜日のお昼頃だったこともあり、回線が混雑していて、なかなか空メールの返信が返ってきませんでした。

非常に焦りましたが、30分くらいかかって無事に届きました。。。

 

ここで必要事項を入力すれば会員登録完了です。

くら寿司-EPARK会員登録画面

 

来店予約。

初めての方、2回目以降の方や他の店の利用ですでにポイントをもらっている方、のどちらも共通で、EPARKのホーム画面から、予約したいココスの店舗を検索します。

ココス-EPARKホーム画面

店舗を見つけたら受付を開始します。

ココス-EPARK店舗検索画面

ここで必ず日時を指定して受付します(この画面には選択肢がこれしかないので、間違えることはないかと思います)。

ココス-EPARK店舗予約受付画面

予約する日時を入力。

ココス-EPARK店舗予約日時入力画面

人数と電話番号を入力して、「内容確認へ進む」を押します。

くら寿司では人数が最低2人以上という条件がありましたが、ココスでは1人でも利用が可能です。

ココス-EPARK店舗予約人数・電話番号入力画面

入力した日時、人数、電話番号に間違いがなければ、「時間指定予約する」を押します。

ココス-EPARK店舗予約確認画面

以下の完了画面が出るので、これで来店予約完了となります。

ココス-EPARK店舗予約完了画面

ちなみに、予約といっても、あくまで「席を確保する」予約ではなく、来店した際に前後する可能性がある、ということを覚えておきましょう。

ココス-EPARK来店予約時の注意事項

メールでも時間指定予約完了確認のメールが届きます。

ココス-EPARK店舗予約確認メール画面

ここまで、特に迷うことなく、簡単にサクサクできるかと思います。

 

来店~ポイント使用~会計。

予約した時間近くになったら、いよいよ来店です。

来店したら、必ずEPARKから申し込みをしてきたこと、予約した時間、名前(EPARKに登録した名前)を伝えます。

ここで、混雑している場合は、予約した時間ちょうどに案内されない可能性もある、ということになります。

 

受付が済んだら、美味しい料理をいただきます。

ここで、注意すべきことは、規定の料金分食べるということ。

撮影したこの日はディナータイムで3名で来店したので、税込みで3,000円以上になるように食べています。

ココス-チーズインハンバーグ(カット)

ご飯はおかわりできないので、私のように食欲旺盛な方には物足りない量ではありますが、タダ同然なら何も文句を言うことはありません。

ココス-たまごスープ

スープバーがあるので、これで多少お腹を溜めました(笑)。

ココス-海老とほうれん草の明太子クリームソース

パスタの量も少し物足りないですが、美味しいです。

ココス-トルティーヤチップス

これは別の日に食べたものですが、サイドメニューで価格が安いので、金額調整も兼ねて、美味しくいただけます。

 

さて、美味しい料理を堪能したら会計です。

ここで、EPARKに登録したばかりで、初めて来店する方は、このポイント使用のところはとばして、そのまま会計をします。

すでにEPARKに登録していて、他の店も含めて1回以上利用してポイントを持っている方は、ポイントを使うことができます。

 

ポイントの使い方は、EPARKのサイトを開き、下の画面の「ポイントをつかう」を押して、EPARKポイント管理画面を開きます。

ココス-EPARKポイント使用画面

以下の画面がEPARKポイントの管理画面で、よく開く画面になりますので、今後はブラウザに残しておくとやりやすいです。

ちなみに、下の画像では現在のポイントが5,000ptになっていますが、これはくら寿司で5名で5,000円以上飲食した際にゲットしたポイントになります。

このように、EPARKを利用して予約するお店は、全て共通のポイントとして管理することができるので非常に便利です。

ここで「ポイントをつかう」を選択。

ココス-EPARKポイント確認画面(ポイントをつかう)

使用するポイントを入力して、「QRコード生成」を押します。

このときは、ディナータイムに3名で来店していたので、下の画像では、5,000ptあるうちの、3,000ptを使おうとしています。

ココス-EPARKつかうポイント入力してQRコード生成画面

QRコードが生成されるので、これを会計時に提示して読み取ってもらい、ポイント分である3,000円を値引きしてもらいます。

ココス-EPARKポイントつかうために生成されたQRコード

合計金額は3,069円分の飲食になりますが、3,000円ポイント分でひかれているので、ここで払った金額は69円のみです。

EPARKに登録したばかりで、初めて来店する方の場合は、ポイントを持っていないので、当然ここではポイント値引きされていない全額を払う必要があります。

ココス-会計時のレシート

確実にレシートを受け取り、人数、金額があっていることを確認します。

ポイントを使った場合は、使用されていることも確認しましょう。

 

ポイント申請~ポイントゲット。

レシートを捨てずに持ち帰ったら、ポイント申請をします。

EPARKのサイトを開き、下の画面の「申請する」を押して、EPARKポイント管理画面を開きます。

ココス-EPARKポイント申請画面

ここで、「ポイントをためる」を選択。

ココス-EPARKポイント確認画面(ポイントをためる)

以下の画面になり、来店したことが反映されているので、ここでカメラマークを押して、レシートの写真を撮影します。

ココス-EPARKレシートアップロード画像

撮影が終了すると以下の画面になりますので、画面に書いてある通り、日付や人数等を再度確認します。

間違いがなければ、レシートに記載されている金額を入力。

そして、「アップロードする」を選択。

ココス-EPARKレシート金額入力アップロードする画像

無事にアップロードが完了すると、以下の画面になります。

ココス-EPARKレシートアップロード完了画面

ここから、約30分~1時間、場合によっては数時間かかるかもしれませんが、時間がある程度経過した後に再度画面を確認すると・・・。

ココス-EPARKポイント確認画面ポイント付与確認

以上のように、無事に3,000ポイント追加されて、2,000ポイントから5,000ポイントに戻っていました。

あとは、また来店予約のところから同じことを繰り返せば、ほとんどタダ同然の無限ループが完成する、というわけです。

 

まとめ

今回はここまでココスの「無限ココス」のやり方、注意点について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。

注意点は細心の注意を払って間違えずにやる必要がありますが、やり方はそれほど面倒ではなく、非常に簡単にできるので、「やらなきゃ損」ということがわかっていただけたのではないかと思います。

 

特に、ココスは、ハンバーグやステーキ等の洋食に限らず、パスタやピザといったイタリアン、定食や丼物といった和食までも、ジャンルが幅広くそろっているので、何回繰り返して食べても、なかなか飽きないのではないかと思います。

例えば、こんな見た目豪華なジャンバラヤ。

ココス-フレッシュアボカドのカリブチキンジャンバラヤ

こちらはオーブン焼きのボロネーゼですね。

ココス-オーブン焼きボロネーゼ

こんなパスタや・・・。

とろとろ茄子とベーコンのトマトソース

こんなサーモンいくら丼まで・・・。ジャンルは幅広いです。

ココス-2度美味しい!いくら&サーモン丼

 

そして、デザートもなかなか充実しています。

ライスのおかわりが自由とかではないので、私のようにたくさん食べる方は普通に食べると物足りないかもしれませんが、他のお店で主食を食べてから、デザートだけ食べにココスに来る、というような利用の仕方も普通にありではないかと思います。

例えばこんな豪華なデザートも、気兼ねなく注文できます。

ココス-ゴロゴロマロンのモンブランパフェ

こんなものや・・・。

ココス-ぜんざい

こんなものも・・・。

ココス-タピオカ黒糖ミルクティー

デザートだけで1人1,000円分は、結構な量が贅沢に食べられますよ。

ココス-メイプルココッシュ

 

 

普段なかなか頼まないようなデザートでも、タダ同然で食べられるとあれば、これを利用しない手はありません。

1人で利用可能なところもありがたいところです。

以上のように、ココスのGo To Eatキャンペーンは、利用価値が豊富にある、最強のキャンペーンであることに間違いありません。

 

また、EPARKでゲットしたポイントは、Go To Eatキャンペーンで同じEPARKを経由して予約するお店であれば、どこでも共通に使えるという、非常に素晴らしいシステムであるのも嬉しいところ。

記事中でも説明してきましたが、ココスもこのEPARKを経由して予約しますので、ここに属しています。

これにより、前回はくら寿司、今回はココス、次回はくら寿司・・・、と利用単価の低いお店で回せば、ほとんどタダ同然の無限ループの中に、別のジャンルのお店を混ぜ込むことが可能になります。

そして、ポイントの付与がメチャクチャ早いところも大きな強みです。

 

ほとんどタダ同然で、違うジャンルのものを、何回も半永久的に、高回転で食べられる。

まさに夢のようなループですが、これが実際に簡単にできてしまいます。

 

このように、ココスやくら寿司のように、Go To Eatキャンペーンで、EPARKを経由して予約をするお店に関しては、お得とかコスパとか、そういった概念を根本から覆してきます。

コスパ最強どころの話ではありません。

あまりにもお得すぎて、いつ規制がかかってしまうかもわからないので、ぜひ今のうちに「無限ココス」にトライして、お得に食べてみてはいかがでしょうか。

 

※記事冒頭でも述べましたが、2020年11月16日14時59分をもって、EPARKにおけるポイント付与となる対象の予約が終了してしまいました。

しかしながら、この日時までに予約した2021年1月31日までの来店予約分については、この記事に記載したやり方でまだポイントが付与されますので、確実にポイントが得られるように、参考にしていただければと思います。

また、ポイントの使用期限に尽きましては、2021年3月31日までになっていますので、ポイントを持っている方は、忘れずに使い切りましょう。

 

なお、同じようにEPARKを経由して予約をするお店については、こちらの記事をご覧ください。

くら寿司-はまち握りアップ
やらなきゃ損!無限くら寿司は簡単にできる!そのやり方と注意点を解説!

  最近、世間で話題になっている「無限くら寿司」というワード。 この記事を読まれている方は、すでにご存知かもしれませんが、簡単に言いますと、Go To Eatキャンペーンを利用して、半永久的 ...

続きを見る

ナポリの食卓-ピザ2種
無限ナポリの食卓で無限ピザ!懐もお腹も大満足!やり方と注意点を解説!

  ナポリの食卓は、本格的なピザの食べ放題を、お腹いっぱいに堪能できるお店。 そんなナポリの食卓がGo To Eatキャンペーンに参画したことで、「無限くら寿司」や「無限ココス」などと同様に ...

続きを見る

焼肉きんぐ-カルビ、ハラミ、鶏皮、海鮮、コーンを焼く
無限焼肉きんぐのやり方解説!食べ放題にせず単品注文で毎回タダ同然に!

  焼肉きんぐは、焼肉屋としてはそこそこリーズナブルな値段で、本格焼肉食べ放題を堪能できることが売りの、焼肉チェーン店。 ただ、リーズナブルな値段とはいえ、1番安いコースで、税抜き2,680 ...

続きを見る

 

-総合

Copyright© おかわりマニア , 2020 All Rights Reserved.